スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルニューオータニの黒トリュフのチョコレートケーキ 先着順 10個限定

本品は完売いたしました

ホテルニューオータニの中島シェフがコスト度外視でつくった幻のケーキをN35が商品化
ホテルニューオータニの黒トリュフのチョコレートケーキ
●内容量:約450g
●原料名:バター、砂糖、チョコレート、卵、
小麦粉、トリュフ、トリュフバター、
トリュフオイル、アプリコットジャム
●賞味期間:製造後3日
 
14,350円(税込) 送料無料
本品は限定10台のみの販売です(先着順で受付)お申込み締切日は2月6日(月)午前9:00です。

J-WAVEの番組のためにだけに特別に企画されたこのチョコレートケーキ。オンエア時、小山薫堂をはじめ、番組の出演者のみが口にできたこの幻ともいえる超レアケーキには、なんと仏・プロヴァンス産の産の新鮮な黒トリュフが、ケーキの表面にも、生地の間にも惜しげもなく使われています。
特筆すべきはその香り。箱を開けた瞬間、トリュフの複雑で高貴な香りがふわっと広がります。ひと口食べると、カカオのほろ苦い味がトリュフの風味とあいまって、官能的なおいしさ。こんな贅沢なケーキをつくり出したのは、ホテルニューオータニの中島眞介さん(48歳)。トゥールジャルダンのパティシエをつとめた後、93年からニューオータニの「パティスリーSATSUKI」でパティシエをつとめているベテランシェフ。中島シェフのこだわりはトリュフだけにとどまりません。カカオは最高級といわれるエクアドル産ナシオナール種(70%)、卵は無農薬飼料を使った長崎産の特選卵、バターは北海道産。小麦粉や砂糖も有機栽培物を使うというこだわりようです。ちなみに、トリュフは発送直前に中島シェフがフランスから仕入れた鮮度の高いものだけを使います。
今回はN35のメンバーだけの特典として、イギリス産の天然塩(マルトンの塩)の小袋と一緒にお届けします。この塩をケーキにひとつまみ振りかけてケーキを食べると、甘さがまろやかになってトリュフの風味が一層引き立ちます。大切なあの人へ贈るとびきりのプレゼントとして、あるいは恋人同士で……このケーキがバレンタインデーの夜を盛り上げてくれることは間違いありません。

小山薫堂氏(「料理の鉄人」「世界遺産」「ニューデザインパラダイス」などのテレビ番組の企画構成、
「J-WAVE」でのパーソナリティ、「Dancyu」「BRIO」「東京カレンダー」などの情報誌では、
グルメや都会のライフスタイルのトレンドリーダーとして活躍)の
オフィシャルサイト「Tokyo lifestyle lab. N35」での販売です。


:追記:
当ブログ管理人と一緒にバレンタイン大作戦を行っている近所の義理チョコ屋さんがJ-WAVEの番組でもしかしたら紹介されるかもしれません。その記事はこちらにあります。

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。